1.うつ病の「原因」と「基本メカニズム」

うつ病になってしまう「原因・要因」は、大きく2つ。
  
1.精神ストレスの溜め込みすぎ
2.肉体に有害となっている生活習慣
  
です。
  
  
人間は、「感情を無意識に溜め込んでしまえる生き物」です。
  
しかし、「無意識レベルに溜め込んだ感情」というのは、
発散させない限り、消えてはくれません。
  
  
うつ病というのは、
  
「無意識レベルに、
 もうこれ以上ネガティブ感情は溜め込め無い!」という、
  
限界一杯までネガティブ感情を溜め込んでしまった結果、
  
【 強制的に溜め込んだ感情が排出している現象 】なのです。
  
  
では、なぜ人間は「精神ストレス」を溜めてしまうのでしょうか?
  
  
その答えは、
  
【 やりたくない事をやらないと、生きていけない! 】
  
という強迫観念を、無意識に抱えているからです。
  
  
・「やりたくない仕事や勉強」をしないと生きていけない
・「付き合いたくない人間」と付き合わないと生きていけない
  
そんな風に信じているので、
  
「自分の本心」を無視して、自分を貶める環境に耐え、
【 やりたくない事をやり続けてしまう 】のです。
  
  
もし、すぐに「やりたくない事」を止めてしまうと、
何を失ってしまうのでしょうか?
  
  
・「お金」を失ってしまう? 
・「学歴や経歴、立場や肩書」を失ってしまう?
・「他人からの評価」を失ってしまう?
  
  
それら自体は、本当の事かも知れません。
  
  
しかし、本当にそれらを失うと、
もう生きていけないのでしょうか?
  
  
【 お金、肩書、評価 】を失ってしまったら、
人間は、もう生きていけないのでしょうか?
  
  
【「お金、肩書、評価」を失ったら生きていけない 】と思っている人は、
  
「それらを持っていなければ、他人は自分に優しくしてくれない」
  
と思い込んでいるからでは無いでしょうか?
  
  
しかし、本当でしょうか?
  
  
「お金」が無くても、「肩書」が無くても、「評価」が無くても、
  
自分に優しくしてくれる人って存在するのでは無いでしょうか?
  
  
自分の外側を飾ってくれる、
「お金・肩書・評価」だけに価値があって、
  
【 目に見えない自分の中身(精神的部分) 】には、
  
一切価値が無いのでしょうか?
  
  
他人は、「人間の中身」に価値を感じてくれないのでしょうか?
  
  
確かに、人間が人間らしく生きていく為には、 
  
他人から愛してもらう必要があります。
他人から助けてもらう必要があります。
  
  
しかし、自分が「お金・肩書・評価」を持っていなければ、 
  
・他人は愛してくれないのでしょうか?
・他人は助けてくれないのでしょうか?
  
  
他人とは、それほど「冷たい人」ばかりでしょうか?
  
  
真実は、そうでは無いと思います。
  
  
人間が、やりたくない事をやり続けてしまうのは、
  
他人から愛してもらう為には、
他人から助けてもらう為には、
  
【 自分が「お金・肩書・評価」を持っていなければならない! 】
  
と、思い込んでいるからです。 
 
  
逆に言うと、「無条件の他人の優しさ」に触れる事で、 
  
【 何も無くても、自分を助けてくれる人はいるんだ 】と、
  
「自分の信じてきた思い込み」を書き換える事が出来るでしょう。
  
  
つまり、
  
【 やりたくない事をしてしまう = 他人の優しさを信頼していない 】
  
という事なのです。
  
  
そして、別に「自分がやりたくない事」をしなくても、 
  
【「お金・肩書・評価」を手に入れる方法 】は、存在しています。
  
  
・イヤな仕事や勉強をするしかない!
・イヤな人間と付き合うしか無い!
  
と、「それ以外の方法が見えていない」ので、
  
「やりたくない事をやり続けるしか無い…」と思い込んでいるのです。
  
  
しかし、
  
・自分には見えていないだけで、
・現時点で想像できないだけで、
  
活路はあるかもしれません。
  
  
少し引いた目線で、
「これまで信じてきた常識、思い込み」を疑ってみて下さい。